会長挨拶
photo
ホームページの開設について
                     大分鶴崎高等学校
                      同窓会長 外山 邦夫 (昭和34年度卒業、11回生)

  同窓生の皆さん、お元気でお過ごしのことと拝察します。
 このたび、新しく大分鶴崎高等学校同窓会のホームページを開設することになりました。かつて仲間と一緒に過ごした高校生活での懐かしい思い出や情報交換、コミュニケーションづくり等に役立てていただきたいと思います。
 今、母校を巣立った多くの卒業生が県内をはじめ全国各地において同窓の絆を大切に、各界各層でご活躍されていることを心強く感じています。また、在校生の皆さんも恵まれた教育環境の中で大分市東部地域を代表する普通科高校として学業に励む一方、文化、スポーツ活動にも頑張っており、将来を担って立つ逞しい後輩たちが育っていることを頼もしく感じています。
 「我等に意気と力あり」、「我等に夢と理想あり」と校歌の一節にあるように、高い志をもって自分が選んだ道を力強く歩んでいかれることを期待しています。
 学校の近くには文武両道の理念を掲げ、若者の教育に情熱を捧げた先哲、毛利空桑先生の塾跡もありますが、在校生の皆さんが長い歴史と伝統を守りながら限りない発展に向け、名実ともに県下に誇れる高等学校としての地位を築いていかれることを願っています。
 今年(2020年)は母校が設立され百十周年を迎える大きな節目の年でありますが、今後更に大きく飛躍、発展していくためのスタートでもあります。激動する社会の中で連綿として続く校風を守りながら、新しい歴史を築いていかなければならないと思います。
 創立百十周年を契機に、卒業生や在校生の皆さんが母校である大分鶴崎高等学校への思いを新たにし、誇りと自信を持ち、先輩、後輩の絆を一層強めていくきっかけになることを願っています。