沿革

沿革

明治  
43年 4月 附近6ヶ町村立鶴崎女子技芸補習学校が鶴崎高等小学校内に設置される
44年 4月  鶴崎町他5ヶ町村学校組合立鶴崎実科高等女学校となる
45年 4月 「鶴崎町外5ヶ町村学校組合」を解散し、鶴崎町立鶴崎実科高等女学校となる
   
大正  
10年 3月 鶴崎町立鶴崎実科高等女子学校が廃校となる
  鶴崎町立実業補習学校が設置される 
   
昭和  
  6年 5月 大分県鶴崎女子家政学校と改称される
10年 4月 大分県鶴崎実科高等学校となる
19年 4月 中学校令の改正で大分県鶴崎高等女学校となる
   
鶴崎中学校  
17年 4月 鶴崎町立鶴崎中学校が設置される
     6月 大分県鶴崎中学校と改称する
23年 3月 大分県立鶴崎中学校と改称する
   
大分鶴崎高等学校  
昭和  
23年 4月

学制改革により3月31日をもって大分県立鶴崎中学校、大分県鶴崎高等女学校、

大分県立鶴崎工業学校を廃止し、大分県立鶴崎高等学校が発足する。

    11月 男女共学となる
25年 4月 大分県立東豊高等学校と改称。臼杵高等学校坂ノ市、佐賀関分校を併合。戸次分校は分離
28年 4月 大分県立鶴崎高等学校となる。坂ノ市校舎、佐賀関分校が分離独立し東豊高校となる。
36年 4月 工業科が葛木に分離独立し、本校は全日制普通科高校となる。前者は大分県立鶴崎工業高等学校となる
39年 4月 大分県立大分鶴崎高等学校と改称
40年 9月 現管理棟竣工
45年10月 創立60周年記念式典挙行
48年 3月 「憩いの池」完成
51年 3月  現特別教室棟竣工
56年 2月 体育館(第1体育館)竣工
    3月 創立70周年記念式典、体育館落成記念式典挙行
60年 4月  大分地区4校(大分上野丘・大分舞鶴・大分鶴崎・大分東)合同選抜制度発足
63年 3月  現職員室棟竣工
   
平成  
 2年 4月 新合選制度 第七通学区発足(大分鶴崎・大分東)
 2年10月 創立80周年記念式典挙行
 3年 3月 セミナーハウス竣工
 7年 4月 単独選抜制度第三通学区発足
12年 9月  創立90周年記念式典挙行
14年 2月 現普通教室棟竣工
16年 2月 多目的競技場(第2体育館)竣工
17年 7月 各普通教室へエアコン設置完了
22年10月 創立100周年記念式典挙行
23年 3月 管理棟エレベータ設置
24年10月 体育館大規模改修工事完了
25年10月 特別教室棟内部大規模改造工事完了
   
令和  
 2年10月 創立110周年記念式典 予定