画像サイズダウン(圧縮)方法

Bikitaにアップロードできる画像の最大サイズは500KBです。
デジタルカメラや携帯電話等で撮影した写真はサイズダウンしてからご使用ください。
Windowsに標準的にインストールされている以下の2つのソフトでの画像サイズダウン(圧縮)方法をご紹介いたします。
※OSやパソコン購入時のオプションメニューにより、これらのソフトが入っていない場合があります。

  【ペイント】

  【Microsoft Office Picture Manager】

【ペイント】

1.

  
画像を保存しているフォルダの一覧で、対象の画像の上で右クリックします。
「プログラムから開く」から「ペイント」を選択します。



2.

  
Windows7:「サイズ変更」をクリックします。
「サイズ変更」の100(%)を30(%)程度まで縮小します。

WindowsXP:メニューバーの「変形」から「伸縮と傾き」を選択します。
「伸縮」の枠で、水平方向と垂直方向をそれぞれ30%程度まで縮小します。

「OK」をクリックします。


3.

  
画像のタテ・ヨコの大きさが小さくなり、容量(バイト数)も圧縮されました。


4.

  

Windows7:「プロパティ」を選択して、「ディスク上のサイズ」が500KB以下になっていれば完了です。

WindowsXP:縮小後のファイルサイズが表示されませんので、5、6の手順で一旦保存してから右クリックして「プロパティ」で確認するしかなさそうです。

※500KB以下になっていない場合は、なるまで縮小%を調整しながら同じ作業を繰り返します。
※元画像(デジカメの設定)サイズ次第で縮小%を調整してください


5.

  
「名前を付けて保存」を選択します。

※Bikitaで使用できる拡張子は「.jpg」と「.gif」だけです。
※「上書き保存」を選択すると元の画像が上書きされてしまいますのでご注意ください。


6.

  

デスクトップなど分かりやすい場所に保存します。





【Microsoft Office Picture Manager】

1.

  
画像を保存しているフォルダの一覧で、対象の画像の上で右クリックします。
「プログラムから開く」から「MicrosoftOfficePictureManager」を選択します。


2.

  
メニューバーの「画像の編集」を選択します。


3.

  
右側のメニューから「画像の圧縮」を選択します。


4.

  
「圧縮の目的」で「ドキュメント」や「Webページ」を選択します。
「合計サイズ」で変更後のサイズが表示されますので、500KB以下になっていれば「OK」をクリックします。

※ピクセルのサイズは気にしなくて結構です。容量サイズが500KBになっていればBikitaにアップロードできます。


5.

  

メニューバーの「ファイル」から「名前を付けて保存」を選択します。

※Bikitaで使用できる拡張子は「.jpg」と「.gif」だけです。
※「上書き保存」を選択すると元の画像が上書きされてしまいますのでご注意ください。


6.

  

デスクトップなど分かりやすい場所に保存します。