会則・組織

同窓会会則
同窓会会則   福岡大学薬学部同窓会会則
    第1章 総 則

第1条 本会は福岡大学薬学部同窓会と称し、本部事務所を福岡大学薬学部内におき、各地に支部を設けることができる。
第2条 本会は会員相互の親睦と知識の交換をはかり、福岡大学薬学部の発展と、薬剤師職能の充実向上に寄与することを目的とする。
第3条 本会は前条の目的達成のため、各種の事業を行なう。
    1.会報・名簿の発行
    2.その他、理事会において適当と認められる事業

      第2章 会 員
第4条 本会の会員は、次のとおりとする。
《正 会 員》 福岡大学薬学部の卒業生およびその大学院修了者
《特別会員》 福岡大学薬学部の教職員またはその職にあった者
2.会員は本会の出版物の配布を受け、本会の行なう行事に参加することができる。
 
    第3章 役 員
第5条 本会には次の役員をおく。
会長1名・副会長2名・理事・監事・評議員および顧問 それぞれ若干名
 
2.会長・副会長は理事とする。
第6条 会長は本会を代表し会務を総理する。
2.会長は正会員の中から理事会が推薦し、評議員会の承認を受けるものとする。
第7条 副会長は会長を補佐し、会長に事故があるときは、その職務を代行する。
2.副会長は正会員の中から会長がこれを委嘱する。
第8条 理事は会長を補佐し、会務を分掌する。
2.理事の選出は、別に定める理事選任細則による。
第9条 監事は本会の会計事務を監査する。
2.監事は会員の中から会長がこれを委嘱する。
第10条 評議員は会員を代表し、評議員会を組織する。
2.評議員の選出は、別に定める評議員選任細則による。
第11条 顧問は会務全般にわたり理事会を補佐する。
2.顧問の選出は理事会において行ない、会長がこれを委嘱する。
第12条 役員の任期は2年とし、再任を妨げない。ただし、任期満了前に退任した場合、または欠員を生じた場合における後任者の任期は、前任者の残任期間とする。
 
    第4章 会 議
第13条 会議は総会・評議員会・理事会とし、会長がこれを招集しその議長となる。
第14条 総会は原則として毎年1回これを開催する。
第15条 評議員は本会の議決機関とし毎年1回これを開催する。ただし、次の場合には、会長は臨時に評議員会を招集することができる。
1.会長が必要と認めたとき。
2.理事会が必要と認めたとき。
3.評議員の3分の1以上の要請があったとき。

2.次の事項については、評議員の決議、承認を受けなければならない。
1.会則の変更
2.事業計画
3.役員選挙
4.予算・決算
5.その他本会の事業に関する重要な事項

第16条
理事会は本会の事業を推進し、その円滑な実施をはかるための執行機関とする。 2.理事会は次の各項の一に該当するとき、これを開催することができる。
1.会長が必要と認めたとき。
2.理事の3分の1以上の要請があったとき。

第17条 評議員会、理事会は構成員の半数以上の出席がなければ議事を開き、決議することができない。ただし、当該議事につき、あらかじめ書面 で意思を表示したものは出席者とみなす。 2.議決は出席者の過半数をもって決し、賛否同数の場合は、議長がこれを決する。

    第5章 資産および会計
第18条 本会の資産は、会費・寄附金・事業収入・広告料および利息をもってあてる。
2.本会の会員は会費を納入しなければならない。
3.会費は別途これを定める。
第19条 本会の会計年度は、毎年4月1日に始まり翌年3月31日に終わる。
 
    第6章 支 部
第20条 支部の新設は、10名以上の発起人によって次の事項を書面 に記載し、署名捺印の後、会長に提出し理事会の承認を得なければならない。
    1.名称
    2.設立の目的
    3.支部長および役員名
    4.設立年月日
    5.支部会員名簿
2.支部の運営は、それぞれの規約の定めるところによる。ただし、本会則に抵触してはならない。
3.支部は本部との連絡を緊密に行ない、年一回以上活動状況を会長に報告しなければならない。
 
    第7章 改 正
第21条 この会則の改正は、理事会の議を経て評議員総数の3分の2以上が出席した評議員会において出席評議員の3分の2以上の賛成を得なければならない。
 
    第8章 補 則
第22条 本会則の実施にあたり必要な事項は細則で定める。
2.細則は理事会の議を経て評議員会の承認を得るものとする。

   第9章 附 則
第1条 この会則は昭和54年5月1日から施行する。
第2条 この改正会則は昭和55年2月9日から施行する。
第3条 この改正会則は平成6年5月1日から施行する。