会則・組織

徳島県立徳島商業高等学校同窓会会則

     第1章 各章および目的
第1条 本会は徳島県立徳島商業高等学校同窓会と称する。
第2条 本会は本部を徳島県立徳島商業高等学校内に置き、支部を便宜の地に置く。
第3条 本会は会員相互の交誼を厚くして母校との連携を保ち、産業界の向上発展を図ることを目的とする。
第4条 本会は、目的を達成するため会議を開き、会報および名簿を発行し会員にする。
     第2章 組  織
第5条 本会は次の会員を以って組織する。
 通常会員 徳島県立商業学校卒業生、徳島県徳島商業高等学校卒業生、徳島県立徳島商業高等学校卒業生、昭和25年城東高等学校商業課程卒業生、昭和26・27年城東・城北高等学校商業課程卒業ならびに同校に在学したものとする。
 特別会員 歴代PTA会長、同校職員。
 名誉会員 同校旧職員。
第6条 本会に次の役員を置く。
 会長 1 名 常任幹事に於いて会員中より推薦し、総会の承認を得るものとする。
 副会長 若干名 会長が委嘱する。
 顧    問 若干名 本会に特に功労ある者のうちより会長が委嘱する。
 参    与 若干名 歴代校長より会長が委嘱する。
 事務局長 1 名 会員中より会長が委嘱する。
 常任代表幹事 若干名 会員および常任幹事・代表幹事より会長が委嘱する。
 常任幹事 若干名 会員中より会長が委嘱する。
 代表幹事 若干名 各回幹事より選出する。
 各回幹事 若干名 毎期卒業生より選出する。
 支部幹事 若干名 各支部会員より選出する。
 会計監事 若干名 会員中より選出する。
第7条 役員の任務は次のとおりである。
 会長は本会を代表し会務を総理する。
 副会長は会長を補佐し会長事故あるときは代理する。
 顧問は重要事項につき会長の諮問に応じる。
 参与は必要に応じ会長の諮問に応じる。
 事務局長は本会の会報、会員名簿の発刊、会計などの本会の事務を処理する。
 常任代表幹事は、会員を代表し、本会の事務を統括する。
 常任幹事は各回卒業生を代表し、本会の事務を統括する。
 代表幹事は各回幹事の事務を調整する。
 各回幹事は各回の事務を処理する。
 支部幹事は当該地方会員の消息、その他について随時本部へ通知する。
 会計監事は本会の会計を監査する。
第8条 役員の任期は2ヵ年として再選を妨げない。
     第3章 会  計
第9条 本会の経費は、会費、入会金、寄付金、その他の諸収入金をもって充てる。
第10条
 1、通常会員の入会金は金3,500円とし、卒業時に納入する。
 2、通常会員の会費は年間一口金2,000円とし、毎年2月末日までに納入する。
 3、特別会員および名誉会員の会費は徴収しない。
第11条 本会の収入金は会長の名義により事務局長が保管する。
第12条 本会の支出金は予算に従い、会長の決裁によって支出することができる。
第13条 本会の予算および決算は通常総会において報告し、その承認を受けるものとする。
第14条 本会の会計年度は毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終わるものとする。
     第4章 会  議
第15条 本会は毎年1回通常総会を4月に開き、必要あるときは臨時総会を開くことができ、総会は会長が招集する。
第16条 総会の決議は出席会員の過半数をもって決する。
第17条 本会の会務を処理するため、臨時常任役員会を開く。
 1、会長は必要に応じて常任役員会を招集し会務の企画、立案、重要事項の審議を行いその処理にあたる。
 2、常任役員会は、会長、副会長、事務局長、常任代表幹事、本校関係教職員で構成する。
     第5章 附  則
第18条 会員で本会のため特に功労が顕著であると認めたときは、常任役員会の決議により適当な方法で表彰することができる。
第19条 会員で本会の名誉を毀損するものがあるときは常任役員会の決議により除名する。
第20条 会員が死亡したときは適当な方法により弔慰を表する。
第21条 将来本会会則の改正変更を要するときは常任役員会が案を作成し、総会に提出するものとする。
第22条 本会の事務処理の細則は別に定める。
第23条 会員が5名以上現存する地方には支部を設置することができる。ただし支部における規則は支部においてこれを定め、会長の承認をうけるものとする。

   昭和54年4月21日改正
   平成 3年4月20日改正
   平成 8年4月20日改正
   平成14年4月20日改正


同窓会では次のような活動を行っています。

総会
 毎年1回開催し、事業報告・決算報告など議題に基づいて、検討・審議ををおこなっています。引き続き行われる懇親会では、懐かしい旧友との再会を楽しんでいます。

会報の発行
 毎年3月1日に発行される「徳商同窓会会報」。学校だよりはもちろん同窓会の報告やエッセー・総会の報告や各支部の総会などを紹介しています。

同窓会名簿の発行
 5年ごとに発刊しています。
 次回の発刊は2010年度に発刊予定です。
 卒業生も購入できます。
その他、学校全体の支援活動の発展に力を入れています。

運営
同窓会の運営は「総会」「役員会」において行われています。「総会」は事業報告・収支決算報告・監査報告・役員改選などの検討・審議を行っています。
 「役員会」は目的を達成するために会議を開き、常任役員会及び臨時役員会議を開き、支部や会報・総会などの提案する議題を協議して執行しています。
運営資金は、入会金・年会費・寄付金、その他の諸収入をもって運営しています。