会長挨拶
顔写真
同窓会入会式挨拶
 皆さん、こんにちは。華陵高校同窓会雄飛会会長の西田宏次朗です。よろしくお願いします。

 さて、昨年行われました山口国体をはじめとするスポーツでだけではなく、文化面での御活躍も存じあげております。そういった母校の雄飛をお聞きすると、OBとしても大変うれしく思います。

 華陵高校雄飛会も23期生をお迎えし、3800名を超える大きな所帯になりました。華陵高校の特色であります先進的で若さ溢れる校風を受け継ぎまして、同窓会活動を展開しております。卒業生が増え、このように年度を重ねるうちにやっと雄飛会も組織として成熟してまいりました。

 同窓会というのはやはり現役の生徒さんの活動を全面的に支えるのが本来の姿だと思います。これからも華陵高等学校のサポートのために雄飛会も行動してまいります。本年度は華陵高等学校創立25周年記念として、雄飛会より全国大会記録顕彰碑の寄贈を行いました。

 夏ごろ行われます同窓会総会は、本年度は9期生の当番期となります。是非同窓会総会に御参加いただけたらと思います。とはいうもののなかなかすぐに同窓会に参加するのは、高校を卒業したばかりの皆さんには正直難しいでしょう。同窓会というのは過去を懐かしく振り返るものでございます。私自身振り返ってみても、高校卒業して何年かは現状を生きるのが精一杯でした。

 しかし私もそうでしたが、これから皆さんがご卒業され色々なことがあると思います。人生において何か大きな壁にぶつかったときや、少しの心の余裕ができたとき、ぜひ同窓会に参加していただきたいと思います。同窓会に参加され3年間共に学んだ旧友や先輩たちそして恩師の先生方と久しぶりに話すだけで、君たちにとって人生を生きる上で必ず色々なヒントがもらえると思っております。私自身も高校3年間を共に過ごした仲間が、いまだに唯一損得を抜きにした友人です。皆様もこれから少し心の余裕ができたとき、同窓会に御参加ください。お待ちしております。

そしてこれからも皆様雄飛会活動への関心を持っていただき、同窓会のホームページBikitaもチェックしてみてください。よろしくお願い致します。

御卒業おめでとうございます。


  華陵高校同窓会雄飛会会長 西田宏次朗