同窓会事務局からの重要なお知らせ

令和3年度臼杵高校第1回評議員会・総会が開催されました
2021年08月27日 10時22分

お知らせの画像

令和3年度大分県立臼杵高等学校同窓会 第1回評議員会・総会を開催



 



1 日 時  令和3年8月20日(金)18:00~19:00



2 会 場  臼杵市中央公民館講座室



3 出席者  同窓会役員・事務局から、笹山会長、奥田宏副会長(学校長)をはじめ16名が、評議員から8名の合計24名の出席がありました。



4 挨 拶  笹山会長から次のとおり挨拶がありました。



「第1回評議員会・総会にお集まりいただきまして大変ありがとうございます。新型コロナ感染症により、昨年に引き続き懇親会は見送りとさせていただきましたが、年1回の同窓会の活動報告並びに議案の審議をお願いしたいと思いますので、活発な審議をよろしくお願い致します」



 続いて、奥田校長から次のとおり挨拶がありました。



「学校の報告ですが、コロナ禍の中、臼杵高校生頑張っております。3月の卒業生も様々な分野で希望をかなえ、巣立っていきました。部活動も制限がある中で、柔道部・水泳部の九州大会出場、また夏の甲子園県予選でベスト8など、どの部もレベルの高い成績を残しており、本校の一つの特徴だと考えています。



 2学期が始まりますが、感染対策を徹底し、生徒が光り輝く学校を目指して参ります。会員皆様のご支援に感謝申し上げますとともに、期待に沿える進学、部活動の成果を出して参りたいと思います」



5 議 事



 会長が議長を務め、事務局から次のとおり説明を行い、審議が行われました。



経過報告 



令和2年度8月から令和3年度7月までの経過報告が行いました。同窓会室(たたら館)の荷物整理、活性化委員会設置、同窓会入会式・奨学金授与式や各役員会の報告などを行い、承認されました。



令和2年度決算報告及び監査報告について 



令和2年度の同窓会本部会計、百二十周年記念事業会計、学校活性化事業会計の各決算書の説明及び監査委員による監査報告が行われました。昨年度はコロナ禍により、関東同窓会中止などを受けて、旅費等の支出がなかったこと、同窓会館畳替えを行ったことなどの支出説明を行い、承認されました。



令和3年度予算について



令和3年度同窓会本部会計、百二十周年記念事業会計、学校活性化事業会計の各予算書の説明を行いました。今年度は学校活性化事業の新規事業として「学力向上対策・難関大オープンキャンパス参加補助等」15万円が提案されました。



会長及び学校長から「この事業は、難関大を目指す生徒の夢が臼杵高校で実現できるように取り組むもので、模試の受験費用やオープンキャンパス参加でのバス代などの補助を行うものです」との説明を行いました。その結果、各事業会計の予算がすべて承認されました。



評議員の組織変更について



   佐藤英彦副会長から「現行の評議員が創立100周年の際に組織されたものであり、その役  割見直しや同窓会の活性化を図るために、評議員組織の見直しを行いたい。そのためには、検討組織をつくること。これまで卒業期別評議員と地域別評議員が混在していたが、卒業期別に一本化したい。評議員は卒後30年(同窓会幹事学年)以降の年代から期別に選出したい」との趣旨説明を行いました。



 評議員からは「一人だけでは難しいので男女の選出をお願いしたい」「卒業後30年何もないということになるので、卒業後に学年の同窓会幹事役をしている方には、呼びかけをして、お願いしたい人がいればつながりを持ってもらいたい」などの意見が出されました。



 執行部からは「評議員は期別ごとに全日制男女1名ずつ、定時制1名の3名としたい。現在地域評議員の方にはぜひ期別代表として残って頂きたい」「新卒以降の年代にも呼びかけは行っていきたい。同窓会HPなどを通じて若い年代とのつながりを確保していきたい」との説明がなされ、承認されました。



                           (記録と写真  副会長 日廻文明)


P R

banner
banner