沿革

 

 本校は、昭和40年代の全国的な看護師不足という困難な情勢の下にあって、労災病院における高度医療を維持するために、高い資質を有する看護師の確保を目的として中部ろうさい病院敷地内に設置することが決定された。設置工事は昭和45年7月から開始され、翌昭和46年2月に完成し、同年4月には学生42名を迎え労働福祉事業団(当時)6番目の高等看護学院として授業を開始した。
 当初は、3年課程(全日制)1学年40名であったが、看護師不足がますます深刻化してきた状況に鑑み看護師の一層の確保を図るために、昭和47年9月に2年課程(定時制「3年」1学年定員30名)を併設した。
 昭和57年4月看護教育法の一部改正に伴い、改正法に定める専修学校に該当することとなり、名称を看護専門学校と改めた。
 昭和57年4月には2年課程を発展的に解消し、3年課程の1学年定員を70名に変更した。また、平成3年度に体育館を新設し、その後、平成13年4月からの中部ろうさい病院増改築工事に伴う病床数の減少により平成13年度入学生から1学年定員を40名とした。
平成15年3月には増改築による校舎、学生宿舎が完成し、現在に至る。
 この間、必要に応じ教材器具の補充やカリキュラムの改正(平成17年度 勤労者医療論4単位75時間・平成21年度 看護の統合と実践4単位105時間)等による授業の見直しを行い教育の充実に努めてきた。
 本校は、中部ろうさい病院という看護実習にとって最適な総合病院の敷地内に設置されており、精神看護学・在宅看護論実習等の一部を除いては、すべての実習であり、非常に優れた教育環境下にある。
 開校以来、卒業生は2,500名を超え、各奨学先労災病院に優秀な人材を送り出している。