沿革

大分県立大分東高等学校の歴史

【本校の前進校】  
大正  9. 1.10 坂ノ市町ほか5ヶ村学校組合による北部実業補習学校を開設
  10. 4.11 北部実業補習学校を廃止し、北海部郡立北海部実業学校を設立
  12. 1.25 坂ノ市町ほか5ヶ村学校組合立北部実業学校と改称し、研究科を併設
昭和 16.11.25 大分県坂ノ市高等実業女学校と改称
  17. 4. 1 坂ノ市高等女学校を併設
  23. 4. 1 学制改革により県立に移管され、大分県立臼杵高等学校第5部となる
  24. 4. 1 部制廃止により、県立臼杵高等学校坂ノ市校舎と改称
  25. 4.1 通学区の制定により、県立臼杵高等学校より分離、県立鶴崎高等学校、県立臼杵高等学校佐賀関分校と統合して、大分県立東豊高等学校坂ノ市校舎となる
【本校の沿革】  
昭和 28. 4. 1 大分県立東豊高等学校として独立
  39. 4. 1 大分県立大分東高等学校と改称、佐賀関校舎が分離独立
  42.10.27 第22回国民体育大会(埼玉)ソフトボール協議高校女子で優勝
 

43. 8. 5

第20回全国高等学校総合体育大会高校女子ソフトボールの部で優勝
  44.10.30 第24回国民体育大会(長崎)ソフトボール競技高校女子で優勝
  46.10.28 創立50周年記念式典を挙行
  51. 8. 7 第27回全国高等学校総合体育大会高校ハンドボール女子の部で優勝
  51. 8.23 76年日韓高校スポーツ交歓協議会(ハンドボール競技)に日本代表として、韓国代表忠州女子商業高校と対戦して優勝
  51.10.29 第31回国民体育大会(佐賀)ハンドボール競技少年女子の部で優勝
  54. 8.29 大分市大字屋山2009番地に校舎新築し、全面移転
  56. 3.14 管理棟竣工・焼窯及び広場完成
  56.10. 3 創立60周年記念式典を挙行、記念造園
  59. 3.26 保健室・教育相談室・休養室・会議室・視聴覚室竣工
  60. 3.22 普通教室・生物教室・同準備室竣工
  60. 4. 1 4校合選開始
  60.11.30 第2グラウンド落成記念式典を挙行
  61.12.10 プール新設
平成  2. 4. 1 2校合選開始
   4. 3.30 創立70周年記念事業として集会場竣工
   7. 4. 1 国際コミュニケーション科 新設
   8. 3.31 国際コミュニケーション科棟完成
  13.11.16 創立80周年記念事業として、野球部ダッグアウト、第2グラウンド夜間照明灯竣工
  18. 3.24 教室棟冷房設備設置
  22. 9.22 創立90周年記念式典を挙行
  25. 3.21 農業科関連施設完成
  25. 3.31 国際コミュニケーション科廃止
  25. 4. 1 園芸ビジネス科・園芸デザイン科新設
  25.10. 2 特別教室棟大規模改修工事
  26. 2.11 体育館大規模改修工事
  27. 2.16 管理棟大規模改修工事
  27.10.22 特別教室棟東側内部大規模改造工事
  28.10.25 特別教室棟西側内部大規模改造工事
  29.10.26 普通教室棟東側内部大規模改造工事
  30. 3.30 露地ほ場、新テニスコート竣工
  30.10.30 普通教室棟西側内部大規模改造工事
令和  2. 1.20 (予定)管理棟内部大規模改造工事