お知らせ
自由掲示板
湯布院塚原での32回生原きよ朗読ライブと東京での朗読と講演会のお知らせ(1)
2013年08年24日 08:57 きよちゃん 大分県立大分舞鶴高等学校同窓会(大分県)

たびたびのお知らせ、申し訳ございません。32回生の原きよです。
今回は、西大分「BRICK BLOCK」のライブに加え、湯布院塚原でも下記の通り、ライブを致します。また、東京では太宰の子守役であった越野タケにスポットをあてた講演会を、青森からゲストをお招きして開催します。どちらも皆様のお越しをお待ちしております。

「走れメロス」朗読会 IN 塚原
日時:10月27日(日)開場15時 15時半開演  
場所:ギャラリー忘路軒 大分県由布市湯布院町塚原黒笠木135の201
チケット:高校生以上1500円(茶菓子付き) 中学生以下1000円(茶菓子付き)
ご予約・お問合せ:0977−84−5128(齋藤) 携帯:090−8393−4822(齋藤)こちらは、ブリックブロックより時間が短いということもあり、お値段が少し安くなっています。 子供さんにも聞いてもらいたい作品です。 。
因みに、チラシは塚原在住で舞鶴28回生の姉が作ってくれました。 姉の解説をぜひ読んでくださいませ。
  ↓
朗読会のロケーションとして由布岳を使った訳ですが
この山の稜線が二重になっているのは、 刻々と迫る約束の時間(陽が沈むまで)を象徴しています。
下に広がる赤、オレンジ、イエローの横に流れたイメージは、 メロスを阻む川の流れであり、沈んでゆく太陽の十倍も早く走るメロスであり、 愛と信実の血液だけで動いている 真紅の心臓の象徴でもあるのです。

メロスが湯布院を走るような世界を伝えたいと思います。

そして、東京ではずっと考えていた企画がようやく実現します。

「太宰に導かれて vol.2」 〜子守のタケを語る〜
出演:柳澤良知(小説「津軽」の像記念館初代館長)
   原 きよ (朗読家、フリーアナウンサー)
○「子守りのタケ 修ちゃ(太宰治)の思い出を語る」DVD上演 (映像/音声:柳澤良知 編集:原 きよ)
生前のタケを取材した柳澤良知が語るタケの生い立ち、再会エピソードなど・・・朗読も交えてお送りする120分。東京では聞くことのできない貴重な話です。     
日時:2013年9月26日(木)
   昼の部開演/14:00 夜の部開演/19:00 (開場は開演30分前)
入場料:前売り2,500円 当日3,000円
会場:三鷹市公会堂さんさん館 3階多目的会議室
   東京都三鷹市野崎1-1-1
  
*昼の部講演終了後、ご希望の方(先着20名様)は、みたか観光ガイド協会会員による 太宰の足跡ツアーに参加できます。ご予約の際にお申し込みください。

予約:/080-1288-1220, 03-5451-3541 FAX/03-5451-3543
原きよ連絡事務所ビッグ・バイヨー/大江
後援:公益財団法人 三鷹市芸術文化振興財団 
協力:みたか観光ガイド協会、「タケさんを囲む会」、三鷹モダンタイムス


1:2013年08月24日 08:59 きよちゃん 大分県立大分舞鶴高等学校同窓会(大分県)
photo

東京でのチラシも掲載させていただきます。よろしくお願いします。原きよ


|1 |



|1 |

自由掲示板一覧へ戻る 大分県立大分舞鶴高等学校同窓会トップページへ戻る